治療の前の予備知識|気になるほくろ除去なら専門クリニックへゴー【短時間で問題を解決】

気になるほくろ除去なら専門クリニックへゴー【短時間で問題を解決】

治療の前の予備知識

顔に触れる女性

種類と施術方法

肌の表面にできる小さな黒点がほくろですが、これにも種類があり、一般的なほくろはメラノサイトが集まった単純黒子や、老人性色素斑の初期状態などを指します。サイズはおよそ数ミリまでで、表面に大きな隆起は見られず、褐色から黒褐色の見た目が特徴です。そして、色素細胞母斑は胎児の時に生成され始め、出産後の成長に伴って次第に大きくなり、成人になる頃には隆起が始まり、老年期になると大きさを増します。ただし面状に拡大することで色は淡くなる傾向があり、肌色に近付くのが通例です。また、青色母斑はメラニン色素を多く含む母斑細胞が真皮層に凝集しているのが特徴で、皮膚越しに見るので青色に見えます。美容的に問題がなければ、殆どのほくろは放置しておいても構わない症状ですが、中には悪性のほくろもあります。この場合は美容整形外科など、適切な医療機関で治療を受けなければなりません。例えば悪性黒色腫は、大きさが7ミリを超えることも多く、円形ではなく不規則な形状をしています。色むらも認められますから、それらの特徴を持ったほくろがある時は、早めに医師に診てもらいましょう。水分を標的にする炭酸ガスレーザーは、比較的傷痕が目立たないほくろ治療です。施術後の治りも総じて早く、患部の日焼け止めを念入りに行えば、一層キレイに治せます。麻酔をするので痛みはなく、出血も見られないため、安心して受けられる美容整形施術です。治療直後は若干窪んだ状態になりますが、軟膏や医療テープで10日から2週間ほどケアすれば、下から新しい肌が盛り上がってきて平らになります。そのほか、くり抜き法はほくろの形に合わせ、筒状の円形メスで患部を丸く切り取る治療です。主に5ミリ程度までのサイズに適しており、メスは使いますが原則として縫合は行いません。くり抜いた大きさによって治るまでの期間も異なりますが、概ね2週間から3週間程度で皮膚が癒え始めます。そして、切開法はメスでほくろを切り取る治療で、レーザーやくり抜き法では治せない大きなほくろでも除去できるのが魅力です。また、縫合した際に両端が盛り上がるのを防ぐため、多くの美容整形外科では患部を木の葉状にカットします。

Copyright© 2018 気になるほくろ除去なら専門クリニックへゴー【短時間で問題を解決】 All Rights Reserved.